自己破産するとどうなる?

借金が返せないとき知っておくべきこと!

自己破産

自己破産しても車を残す方法はある?ローン中だと引き上げられる?

投稿日:


 
仕事や生活をする上で車が必要な場合、自己破産しても車は残したいですよね。

aya
車は差し押さえ対象の財産ですが、残せる車と残せない車があります。

どんな場合に残せるのか、処分されるのはどんな車なのか、自己破産したときの車の扱いについて、分かりやすくまとめてお伝えします。

自己破産すると処分される車は?

自己破産することで車が処分されるかどうかは、ローン支払い中なのか、自分名義なのかで違ってきます。

車の名義が誰になっているかは、車検証を見れば分かります。

ローン支払い中だと、下図のように「所有者」が、ローン会社になっていることが殆どです。

残したい車の名義が誰になっているか、まず、車検証で確認してみましょう。

自分名義で査定額20万円以上の車

個人所有の車で、所有者が自分になっている場合、査定額が20万円以上の車は処分されて、債権者に配当されることになります。

車の買い取り業者などに依頼すれば、無料で査定してくれますが、業者によって査定額に差があるので、2~3社に査定してもらうと良いです。

aya
私の場合、なじみの修理工場とディーラーの2社で査定したのですが、ディーラーの査定は高かったです。

知り合いなどにお願いして、20万円以下で査定してもらうと車を残せるなどの情報もありますが、そんな小細工はしない方が良いです。

査定しなくても、車の耐用年数で判断されることもあります。

耐用年数は、普通車で6年、軽自動車で4年なので、この年数を超えていない車は、処分されると思っていた方が良いですね。

高級車やハイブリッドカーなど、査定額が高額になる車は、耐用年数を超えていても処分対象になります。

いずれにせよ、買取価格が20万円以上の車は、処分することになるってことです。

ローン支払い中の車

販売店と提携しているローン会社を利用している場合、ローン支払い中の車は、所有者がローン会社になっていることが殆どです。

ローン会社のものなので、支払いがストップすると引き上げられます。

自己破産の手続きが開始されると、全ての負債が支払禁止になるので、1ヶ月程度で車は引き上げられるのです。

銀行のカーローンを利用している場合は、車の所有者が自分名義になっていることが殆どです。

この場合、車は自分の財産になるので20万円以上の価値があれば処分されます。

会社名義の車

会社を倒産させる場合ですと、会社名義の車は、20万円以下の車も全て処分して、債権者に配当されます。

なぜかというと、会社が消滅してしまうので、所有者が存在しないことになるからです。車だけでなく、会社名義の財産は全て処分対象になるのです。

家族名義の車でも処分されることもある

処分されるのは自己破産する本人名義の車だけです。家族名義の車は処分されません。

ですが、専業主婦は収入がないので支払いできませんよね。

なので、車が奥さんの名義であっても、支払った夫が自己破産する場合には、夫の財産と見なされ処分されることがあります。

処分対象の車は申立後に乗ってはいけない

自己破産の申立をしても、すぐに車が処分されるわけではないので、自宅のガレージにあります。キーを没収されるわけでもないので、乗ろうと思えば乗れるのです。

でも、もし事故などで車を破損してしまうと、車の財産価値を落としてしまうことになります。

aya
管財人さんに、「絶対に乗らないでくださいよ。」と、何度も念押しされましたよ。

車がないと不便なので、ちょっとくらいと思いがちですが、絶対に乗ってはダメです。

自己破産しても車を残す方法

査定額が20万円以下などで、差し押さえ財産に該当しなければ車を残すことができます。ですが、車は高額なので、処分される財産になってしまうことも多いですよね。

そんな処分対象の車やローン中の車を残すには、親族の協力が必要になります。

個人所有の自分名義の車を残す方法

個人が自分名義で所有している車は、査定額が20万円以下なら残すことができるので、査定してみると良いです。

中古車買取業者、ディーラー、修理工場などで査定してもらえます。査定だけなら無料でしてもらえると思います。

普通車で6年、軽自動車で4年が耐用年数なので、査定しなくても耐用年数を過ぎていれば財産価値なしで残せることが殆どです。

高級車や人気の車種は、耐用年数を過ぎていても査定額が高い場合があります。

aya
ちなみに、私の車は8年経過のホンダオデッセイでしたが、修理工場の査定が23万円、ディーラー査定は50万円でした。

20万円を超える車は、差し押さえ財産として処分されてしまいます。

差し押さえ対象の車を残すには、親族に査定額以上で購入してもらい、使わせてもらう方法くらいですね。

自己破産申立前に親族に売却する場合は、査定額を上回る金額で売買契約を交わすこと。代金は、口座へ振り込んでもらって実際に取引があった証拠を残しておきましょう。

売却代金は没収されることになりますが、車を乗り続けることはできます。

破産申立後なら、破産管財人に買戻しを申し出ると良いです。自分で買い戻すことはできないので、親族などに買い戻してもらうのです。

aya
私の場合は、申立後に息子に買い戻してもらいました。

前述したように、行きつけの修理工場と車を購入したディーラーに査定してもらい、安かった修理工場の査定見積書を管財人に提出しました。

管財人さんも査定していて、双方の査定額に誤差がなかったので、プラス2万円の25万円、息子名義で買い戻したのです。

名義変更などの手続きも、管財人さんが手配してくれたので、手間が省けましたよ。

ローン支払い中の車を残す方法

販売店と提携しているローン会社でローン支払い中の車は、ローン会社のものなので、基本的に引き上げられます。

どうしても残したい場合は、自己破産申立前にローン会社と交渉して、ローン契約者を親族に変更してもらうか、親族に残債を一括支払いで肩代わりしてもらうかですね。

ただ、ローン契約者の変更は、ローン会社が受け付けないことが多いです。

また、肩代わりで一括返済してもらうと、車は自分の所有物になるので、20万円以上の価値があれば差し押さえ財産になります。

銀行のカーローンの場合は、車の所有者が自分になっているので、車は20万円以上の価値があれば差し押さえ財産になり、カーローンは免責対象の債務になります。

結局のところ、ローン支払い中の車を残すのは、難しいですね。

会社名義の車を残す方法

中小企業だと、社用と自家用の両方で使用している車を会社名義にしている場合も多いですよね。

会社が倒産(自己破産)した場合、会社の財産は金額に関係なく差し押さえになるので、査定額20万円以下の車も処分されます。

そんな会社名義の車を残すには、個人が買い取って個人名義にすることですね。

その場合、査定額を上回る金額で買い取ること、実際にお金の動きがあることの2点が確認できるようにしておく必要があります。

買取業者などの査定見積書、売買契約があった方が良いです。売買代金は振込で通帳に証拠を残すのが一番確実です。

もし、事前に個人が買い取る場合は、弁護士に相談してからにした方が良いです。

自己破産申立後であれば、管財人に買戻しをお願いすると良いです。

aya
私の場合は、会社も個人(夫と私)も自己破産したので、事前に買い取る意味がありませんでした。
なので、申立後に会社名義の車を息子に買い戻してもらったのです。

車を残すことはすっぱり諦めて、自己破産後に中古車を購入しようと思っていたのですが、中古車も高いですからね。

管財人から、「車がないと不便ですよね。査定額にプラス1~2万円で買戻しできますよ。」と、提案していただけたのです。

裁判所に必要性を認めてもらう

裁判所に車の必要性を認めてもらえれば、自分所有の車を残すことができます。

ただ、介護のためにどうしても必要などの理由がある場合に限定され、通勤に必要、仕事に必要などの理由では認めてもらえません。

裁判所によっても判断が違っているので、弁護士に相談してみると良いです。

自己破産以外の債務整理にする

任意整理では、財産を処分されないので、可能であれば、任意整理にすると車を残すことができます。

また、任意整理では、整理する借金を選べるので、車のローンを対象から外してローンを払い続ければ車を残せます。

任意整理のデメリットは?費用や手続きの流れは自己破産とどう違う?

借金の返済が困難になってきたら、自己破産しかないと思っていたりしません? でも、自己破産以外にも債務整理の手段があります。 その中でも、比較的に手続きが簡単でリスクが少く、借金の返済に困ったとき、一番利用されている方法が任意整理です。 任意整理とは、裁判所を介さずに債権者と直接交渉する債務整理の方法です。 自己破産しようとする人でも、状況によっては任意整理できる場合があります。 そこで今回は、任意...

続きを読む

続きを見る

個人再生では、財産の処分はないので自分名義の車は残せますが、高額な車の場合は返済額が多くなる可能性もあります。

ローン支払い中の車は、自己破産と同様に、ローン会社に引き上げられますから、個人再生ではローン中の車を残すのは難しくなります。

個人再生なら住宅ローンを除外し、借金を大幅減額で財産も守れる!

  借金の返済が苦しくなってきたとき、自己破産する前に検討したいのが個人再生です。 自己破産すると持ち家を手放すことになりますが、個人再生なら家を守ることができ、財産も失わずに済むのです。しかも借金は大幅に減額されます。 ただし、個人再生は他の債務整理より手続きが面倒ですし、認可の条件も厳しいです。 そんな個人再生はどんな人に向いているのか、その特徴や手続きの流れ、デメリットなどを分かり...

続きを読む

続きを見る

自己破産前に名義変更だけするのはNG!

自己破産で差し押さえになるのは、当事者が所有する車だけで、家族名義の車は残せます。

だからといって、自己破産前に名義変更だけしてしまうと、財産隠しになります。財産隠しが発覚すると借金を免除してもらえなくなります。

事前に名義変更する場合は、家族間でも売買契約を交わして、お金の支払いがあった証拠も残しておくかないとダメです。

自己破産すると車の保険はどうなる?

車の保険は解約返戻金がないので、差し押さえ財産ではありませんから、解約するもしないも自由です。

自己破産したことで差し押さえになった車の保険は、必要なければ解約しますよね。

ですが、中古車を買うなどの予定があれば、対象の車を変更して保険を引き継ぐことができます。

aya
無事故割引が付いている保険なら、もったいないので解約せずに次の車に引き継ぐと良いです。

保険会社によって対応が違うかもしれませんが、私の場合は、息子に買い戻してもらった車の保険に引き継ぎました。

会社名義の車⇒息子名義で買戻し
保険契約者会社の保険⇒保険契約者を私で引継ぎ

元の保険契約者は会社だったのですが、保険契約者を私に変更して無事故割引を引き継いでもらったのです。

自己破産と車についてまとめ

今の時代、仕事や日常生活で必需品ですよね。

しかし、自己破産すると自分名義になっている車は、個人なら20万円以上、会社なら全ての車が差し押さえられます。

また、ローン支払い中の車は、所有者がローン会社になっていることが殆どです。ローン会社の車なので、自己破産の申立後は支払がストップすると、引き上げられます。

自分名義で差し押さえの対象になる車は、親族などに査定価格より上回る金額で買ってもらい、使わせてもらえれば、自己破産後も乗り続けられます。

申立後でも、管財人にお願いして買い戻すこともできます。

ローン支払い中の車なら、親族にローン残債を肩代わりしてもらうなどの方法で残すことができますが、自分名義になると差し押さえ財産になることもあります。

いずれにせよ、差押えの対象になる車は、その価値分のお金を支払ってくれる親族の協力が必要ですね。

-自己破産
-,

Copyright© 自己破産するとどうなる? , 2019 All Rights Reserved.