自己破産するとどうなる?

借金が返せないとき知っておくべきこと!

自己破産

自己破産後クレジットカードは何年で作れる?実際に作れた体験談!

投稿日:


 
自己破産してもクレジットカードの1枚くらいは持っていないと不便!絶対に持てないのだろうか?

ETCやネットショッピングなどを利用するとき、クレジットカードがあった方が便利でお得ですよね。

自己破産をすると最低5年間は、新たなクレジットカードが作れないし、自己破産前から持っていたカードも使えなくなると言われています。

長期間クレジットカードが使えないことに意味があるので、使わないに越したことはないですが、どうしても必要なこともありますよね。

aya
実は、5年も経たないうちにクレジットカードが作れたり、手持ちカードが使えたことを体験しました。

クレジットカードが使えなくなるのは、自己破産の大きなデメリットのように言われていますが、それほど大したことではないと、私は思っています。

そんな自己破産とクレジットカードについて、体験談も交えながらお話しします。

自己破産するとクレジットカードが作れないのはなぜ?

銀行や消費者金融、信販会社などの金融会社は、信用情報機関に個人の借金の取引情報を記録し、借入申込みの際や更新時期などに紹介しています。

3つの信用情報機関

  • CIC
  • CICは、株式会社シー・アイ・シーの略称です。
    信販系やクレジットカード会社が加盟しています。

  • JICC
  • JICCは、株式会社日本信用情報機構の略称です。
    消費者金融系の貸金業者が加盟しています。

  • KSC
  • KSCは、全国銀行個人信用情報センターの略称です。
    銀行系の金融機関が加盟しています。

自己破産したことが、上記の信用情報機関に事故記録として5年~10年間保存されているので、自己破産した人は支払い能力がないと判断され、クレジットカードも作れなくなるのです。

世間で言われているブラックリストになってしまうってことです。

クレジットカードに関しては、CICとJICCに記録が残っている5年間はクレジットカードが作れないと言われています。

銀行の傘下になっているカード会社もあるので、KSCの信用情報が照会されることもあり、10年間は作れないこともあります。

自己破産後クレジットカードは何年で作れる?

自己破産後クレジットカードは何年で作れるかというと、一般的には、信用情報機関に事故記録が削除された後ということで、それぞれの保存期間によります。

自己破産の情報記録期間

  • CIC:免責後5年
  • JICC:免責後5年
  • KSC:免責後10年

一般的には、上記の期間はクレジットカードが作れないとされているのですが、実際には、金融会社ごとの判断によるので、もっと早く作れることもあるのです。

自己破産するとクレジットカードを使っちゃいけないの?

自己破産をすると、ほとんどの金融会社でクレジットカードが作れなくなります。ということは、使っちゃいけないってことなの?という疑問も出てきますよね。

結論から言うと、自己破産したからと言って、クレジットカードを使っちゃいけないとか、作ってはいけないといった定めはないんです。

aya
でも、時期によって、使わない方がいい場合もあります。

自己破産申立の直前のクレジットカード使用は?

自己破産の申立をする直前は、借金が支払えない状態なので、クレジットカードを使ったら支払えないことが確実な時期です。

支払えないことが分かっていて、クレジットカードを使用することは、詐欺行為とみなされることがあるのです。

詐欺行為は、免責不許可事由になるので、自己破産の申立をしても借金の返済を免除してもらえなくなります。

自己破産すると決めた時点で、クレジットカードは使用しない方が良いです。

自己破産の手続き中のクレジットカード使用は?

自己破産の手続き中に、新たな借金をすることは厳禁と言われています。

手続きを依頼した弁護士からも「免責されるまでは、借金はしないで下さい。」と、釘を刺されると思います。

自己破産の手続き中にも関わらず、借金をするようでは反省していないと判断され、裁判官の心証を悪くするからです。

クレジットカードの使用も借金することになるのでダメってことですよね。

aya
ところが、私が破産管財人さんから言われたことは違っていました。
 
「自己破産しても、稀にクレジットカードが使えることがあります。
支払えるなら使っても良いですよ。」

実は、私には強制解約されなかった手持ちカードがあったのですが、使っちゃいけないと思い込んでいたので、聞き返しましたよ。

自己破産申立後に得た収入は自由財産なので、何に使っても良いってこと。そのお金で支払えるなら自己破産の手続き中でもクレジットカードを使って良いと言われたんです。

裁判所が選任した、破産管財人さんにそう言われたのです。

ただし、必ず約束の期限に支払うことが条件ですし、裁判所によっても判断が違うと思うので、弁護士さんに確認してくださいね。

免責決定された後のクレジットカード使用は?

免責決定されたら自己破産の手続きは完了です。借金の返済も免除され、実質、借金ゼロの生活になります。

免責後すぐにクレジットカードが作れるかどうかは別として、使えるカードがあれば使用するのも自由です。

自己破産後はクレジットカードが使えないことがメリットに!

自己破産してもクレジットカードは使えるとお話ししましたが、本当は使わない方が良いです。

自己破産は、借金苦に陥った人の経済生活を再建するため制度なので、クレジットカードが使いえない期間は、借金に頼らない生活に立て直す期間でもあるのです。

クレジットカードがなければ、現金主義の生活するしかないですから、最低5年間使えないことがメリットとも言えますよね。

債権者からしても、自己破産で残債務を清算してもらえることや、新たな借金で回収不能になるのを防げるメリットがあります。

実際に自己破産後に作れたカード

自己破産すると、免責後5年間はブラックリストになるため、クレジットカードを作ることはできないのが一般的です。

でも、実際には、ブラックリスト中でもクレジットカードが作れることがあります。

実際、私も作れたのです。

裁判所に自己破産の申立をしたのが、2008年8月26日でした。家族経営の法人会社を倒産させることになり、連帯保証人になっていた私も自己破産したのです。

管財事件となったため、手続きには長くかかり、免責許可がおりたのは、2009年7月1日でした。申立から11ヶ月かかったことになります。

aya
最低5年間ということであれば、2014年6月30日までは、クレジットカードは作れないってことになりますよね。
 

でも、5年以内に2つの新たなクレジットカードが作れたのです。

免責後5年以内に作れたクレカ

  • クレジット付きのショップカード
  • ANAアメリカンエックスプレスカード

私の場合、消費者金融や信販系で滞納していなかったので、自己破産の事故情報が記録された信用情報機関は、銀行系のKSCだけだったと思います。

なので、CICとJICCの信用情報のみ紹介する貸金業者では、引っかからなかったとも考えられます。

クレジット付きのショップカード

某家電量販店で、今までの会員カードがクレジットカード付きに変更になったことで申込みをすることになったのです。

免責後6ヶ月の2009年12月でした。

買い物で来店したときに、従来の会員カードは廃止になるとのことで、否応なしに申込み手続きをすることになったのです。

提携しているカード会社は、オリコでした。

自宅でネット経由の仕事をしていたので収入はあったのですが、勤務先がなかったため職業は個人事業主にしました。

ショップの会員カードさえできれば良かったので、キャッシング機能は付けませんでした。

自己破産したばかりなので、たぶんダメだろうなと思ったのですが、変更しなくても会員カードは無くなるのだから、ダメ元で申込みしたのです。

2週間後くらいだったでしょうか、クレカ付の会員カードが届きました。

ショップなどで発行する流通系カードは、自己破産後でも作りやすい感じです。キャッシング機能を付けなかったので、審査に通りやすかったのかもしれません。

ANAアメリカンエックスプレスカード

ANAアメリカンエックスプレスカードが作れたのは、2013年5月。自己破産の免責後3年10ヶ月でした。

羽田空港の出発ロビーに向かう途中の通路で、カード会員募集で声をかけられ、言葉巧みに勧誘されて申込みしたのです。

飛行機を利用することが多い時期だったので、マイルが貯まりやすいならいいかと単純な理由でした。

アメックスは銀行系の信用情報機関KSCも照会しているので、審査に通りにくいという情報もありますが、むしろ逆のようです。

外資系なので、ブラックリストであっても、本人の属性重視で支払能力があると判断すれば、審査に通すようです。

特に、勤務先が大企業など安定した会社だと審査に通りやすいとのこと。でも、私には勤務先はありませんでした。

それでも、自己破産でブラックリスト期間中に、ANAアメリカンエックスプレスカードは作れました。

ただ、ANAアメックスは、税込み7,560円の年会費が必要です。

自己破産しても解約されなかった手持ちカード

自己破産しても残債務がない手持ちカードは、弁護士から自己破産手続に入る旨の通知は届けられないので、すぐに強制解約されることはありません。

しばらくは使えるのですが、金融会社では更新時や定期的に信用情報を照会(途上与信)します。

その時に、ブラックリストと判明するとクレジットカードは解約されることがあります。

ですが、必ず解約されるわけでもないようです。

aya
実際、私は解約されませんでした。

楽天カード

ネットショッピングをするときには、クレジットカード決済の方が手数料や配達の早さなどでお得ですよね。

なので、私は自己破産前から楽天カードを利用していました。

コンスタントに使っていたのですが、ちょうど自己破産の申立をした時点では、残債務がなかったのです。

いずれは強制解約になるだろうと思っていたのですが、いっこうに解約の連絡はなく、2012年8月、免責後3年経ったときに更新案内が届きました。

ショッピングのみに利用していて、支払遅延をしたことがなかったのが良かったのかもしれません。

更新案内があった未使用カード

未使用のクレジットカードを持っていることってありません?

私も、いつ何のために作ったのか分からないような未使用カードが数枚ありました。その中に、年会費1,000円が必要なカードがあったのです。

ですが、引き落とし口座が銀行で凍結されていたので支払われていなかったため、破産手続中に催促状が届いたのです。

管財事件でしたから、郵便物は全て破産管財人に転送されていたので、管財人さんから連絡がありました。

「たった1,000円の未払いで信用情報にキズをつけるのはもったいないので、支払っておく方が良いですよ。」と、管財人に言われたのです。

aya
管財人さんの意外な言葉。支払えるならクレジットカードを使っても良いですよ。と言われたのは、この時でした。
 

金融会社によって判断が違うので、自己破産しても稀に使い続けられるカードがあり、実際に、そういう事例があるとのことでした。

ブラックリストから消えても作れないこともある

ブラックリスト中でもクレジットカードが作れたり、手持ちカードが使えたりする一方で、免責後5年、10年が経過してブラックリストから削除されても審査が通らない場合もあります。

なぜかというと、信用情報機関の取引履歴が全て削除され、何もない状態になるからです。ホワイトリスト、スーパーホワイトリストなどと言われています。

今どきのこと、クレジットカードの1枚くらい持っているのが普通なので、真っ白だと過去に自己破産した人と疑われるのです。

借金における信用って、借金が無いことではなく、借金を約束どおり返済している返済能力なんです。

クレジットヒストリーを作る

ブラックリストから消えたはずなのに、クレジットカードの審査に落ちたという場合は、きちんと支払う人といったクレジットヒストリーを作るのが先決です。

審査に落ちたからと、次々と別のところに申込みをすると、よほどお金に困っていると思われることがあるのです。

審査が甘いカード会社でクレジットカードを作り、ショッピングをカード払いにして遅延なく支払うことを6ヶ月間くらい積み重ねると良いです。

割賦販売も信用情報機関に記録することが義務付けられているので、携帯端末を割賦払いで購入するのも、クレジットヒストリーを作ることになります。

車を買う予定があれば、車のローンを組んでも良いですね。KSCから事故情報が消えていない8年目のとき、夫名義で車のローンが組めましたよ。

クレジットカードの代用になるカード

どうしてもクレジットカードが作れないときは、クレジットカードの代用になるカードを使う手もあります。

デビッドカード

デビッドカードは、使用したらすぐに口座から引き落とされるので、借金にはなりません。

借金ではないので、審査がないため、自己破産した人でもすぐに作れます。

引き落とし口座に残高がないと使えませんが、手持ちの現金がないときや、ネットショッピングでクレジットカードの代用として使えます。

ただ、デビッドカードは借金ではないため、クレジットヒストリーは作れません。

ETCパーソナルカード

自己破産後もクレジットカードが利用したい人の多くが、ETCカードが使えなくなることが理由ではないでしょうか。

通勤や仕事で毎日のように高速道路を利用する人には、ETCカードは必需品ですのもね。

クレジットカードが作れず、ETCカードが使えない場合は、高速道路6社が共同発行している、ETCパーソナルカードで代用できます。

保証金として、平均利用月額4ヶ月分を預託し、利用料金は月単位で登録口座から引き落とされます。

問い合わせ先は、ETCパーソナルカード事務局(TEL:044-870-7333)です。

自己破産後のクレジットカードについてまとめ

自己破産すると、5年~10年は新たにクレジットカードを作れないし、手持ちのカードもしばらく使えてもいずれは解約されてしまうと言われています。

それは、各金融会社が加盟している信用情報機関に記録された事故情報が、申込み時や更新時に照会されるから。そして、記録の保存期間が5年~10年間だからです。

しかし、金融会社は、収入や勤務先など、他の情報と総合的に判断するので、ブラックリストでも審査に通る場合もあります。

実際に、ブラックリスト期間中に新たなクレカが作れましたし、手持ちカードも解約されることなく使えました。

ただ、自己破産後の数年間は、経済生活を再建するために借金はしない方が良いので、クレジットカードも使わない方が良いのではないでしょうか。

デビットカードやETCパーソナルカードを代用すれば、借金することなくクレカのように利用することができます。

自己破産するまでになっているのに、クレジットカードが使えるか使えないかで見切りができず、タイミングを逃すことがないようにしたいものですね。

-自己破産
-,

Copyright© 自己破産するとどうなる? , 2019 All Rights Reserved.