自己破産するとどうなる?

借金が返せないとき知っておくべきこと!

自己破産

自己破産できる金額はいくらから?借金総額に最低金額があるの?

投稿日:

自己破産するしかないと思っても、自己破産できる金額はいくらからなのか、最低金額などの定めがあるのか、気になることもありますよね。

例えば、借金100万円程度で自己破産を考えているのだけど、該当するのだろうかというような心配もあるでしょう。

結論からいうと、借金額には関係なく自己破産できるかどうかは、支払い能力があるかどうかで判断されます。

100万円以下の借金でも、支払い不能状態になっていると裁判所が判断すれば、自己破産は可能なんです。

自己破産は支払い不能状態かどうかで決まる!

裁判所が支払い不能状態であると判断すれば、破産手続が開始決定され、その後は裁判所で坦々と手続きが進められます。

自己破産は金額ではなく、支払い不能状態かどうかで決まるのです。

「100万円程度の借金で自己破産なんかできないよ!」といった話を聞くこともありますが、無収入の人にとっては支払い不能ですよね。

逆に、1億円の借金があっても、それが支払えるだけの収入があったり、処分すれば1億円以上の財産を所有している場合は支払い不能状態ではないです。

支払い不能と判断される基準ってある?

支払い不能と判断して、破産手続開始決定するのは裁判所なので、100%ではないですが、目安としての支払い不能の判断基準は、以下のような状態のときですね。

  • 支払い期日になっている借金が支払えない
  • 将来も継続的に支払い不能状態である
  • 所有財産を全て処分しても支払えない

自分の判断でできると思っても、裁判所が認めなければ破産申立は棄却されます。誰から見ても客観的に支払い不能状態である必要があります。

自分で判断できないときは、債務整理の経験が豊富な弁護士に相談してみるのも一つの方法です。無料相談などを利用してみると良いです。

支払い期日が来ている借金が支払えない

支払期日が来ている借金のことを難しく言うと「履行期にある借金」です。

長期ローンで借金総額が数千万円あったとしても、月々の支払いができるなら支払い不能状態ではないってことです。

一つの目安として、毎月の手取り収入から、家賃などの住居費を差し引いた後の金額の3分の1以上の借金の支払いがある場合、支払い不能状態と判断されるようです。

【計算例】
手取り収入月額:17万円
家賃:5万円
17万円-5万円=12万円
12万円÷3=4万円

手取り17万円で家賃が5万円なら、借金支払い額が4万円以上の場合は支払い不能状態。

また、任意整理や個人再生などで月々の支払額を調整しても、支払えない状態であるかどうかも判断の目安になります。

他の債務整理で解決できるなら、自己破産しなくても良いってことですものね。

将来も継続的に支払い不能状態である

一時的に支払えないだけで、近い将来には支払える状態なら、支払い不能状態とは判断されないです。

今月と来月は支払えないけれど、それ以降は支払えるとか、まとまったお金が入ってくる予定がある場合などは、支払い不能状態に該当しないでしょう。

所有財産を全て処分しても支払えない

毎月の収入で月々の借金支払いができない場合でも、所有財産を処分して支払えるなら、支払い不能状態ではないです。

とはいえ、処分できるかどうか、処分できたとして売却価格がどれくらいになるのか分からない場合もありますよね。

20万円以上の財産がある場合の自己破産は管財事件になるので、破産管財人が処分して債権者に配分します。

ですが、不動産は競売になるので時価よりかなり安く売却されます。ちなみに、うちは自宅が競売されましたが、時価の6割くらいでした。

自己破産せずに売却すれば、借金の支払いができる場合もありますから、専門家に相談してみた方が良いです。

支払い不能と判断されただけでは借金はゼロにならない!

自己破産のメリットは、借金の支払いを免除してもらうことですよね。

自己破産の申立をして破産手続開始決定されると、裁判所が支払い不能状態と判断したことになります。

ですが、破産手続が終了しても借金の支払いが法的に免除されるわけではありません。

破産手続終了後の免責手続で免責許可が得られなければ、破産したけど借金はチャラにならなかったという最悪の事態になるかもしれません。

自己破産できる条件とは?手続2つクリアすれば借金帳消しになる!

借金返済に行き詰ってくると、自己破産した方が良いのではと考えることもあります。 しかし、自己破産なんて誰もがすることではないし、一人であれこれ考えても、なかなか踏ん切りがつきません。 借金から解放されて楽になりたいと思う反面、本当に借金の返済を免除してもらえるのだろうかと、疑心暗鬼になったりもします。 自己破産が認められると借金を帳消しにしてもらえるのですから、それなりの条件があります。できない人...

続きを読む

続きを見る

支払い不能ではなかったけど免責された自己破産体験

自己破産申立時に、支払不能状態かどうか判断できないこともあるかもしれません。

実は、私の場合がそうでした。

私が自己破産した債務は、会社の借金の連帯保証債務だったので、会社の借金を清算してみないと確定しなかったのです。

ですが、会社の破産手続と同時に、個人も自己破産の申立をしたので、破産手続きが開始決定され、免責許可も確定しました。

結果的に、私にかかってくる連帯保証債務は、私の所有財産で支払うことができて、余ったお金が戻ってきたので、実際には免除してもらう借金は残ってなかったんです。

それでも、免責許可確定の通知を頂いたのです。

詳細は、以下のページにも書いています。

債務超過かどうか不明のまま連帯保証債務で自己破産した体験談!

家族経営の法人会社の資金繰りに行き詰り、会社を破産することになったとき、借金の連帯保証人になっていた私も、会社と同時に自己破産しました。 社長である夫は、会社の借金全ての連帯保証人だったので、個人も自己破産するのは当然の状態でした。 一部の借金の連帯保証人になっていた私はどうなのか、収入がなくなるので支払不能になるのは明白ですが、債務超過になるかどうかは不明のまま自己破産したのです。 それはなぜな...

続きを読む

続きを見る

自己破産できる金額についてまとめ

自己破産は借金の金額にいくらからなどの定めはなく、抱えている借金が支払い不能であればできます。

例えば、100万円以下の借金でも無収入だと支払うことができないので、支払い不能と判断されます。

最終的には、裁判所が決定するので、誰から見ても客観的に支払い不能状態でなければ、自己破産できない可能性があります。

無料相談などを利用して、弁護士に相談してみてはいかがでしょう。100%ではないですが、債務整理の経験が豊富な弁護士なら、的確なアドバイスをもらえますよ。

有料でも相談だけなら30分で5,000円程度なので、知り合いの弁護士に相談してみるのも良いです。私は知人に弁護士を紹介してもらったのですが、相談料は5,000円でした。

-自己破産
-,

Copyright© 自己破産するとどうなる? , 2019 All Rights Reserved.