自己破産するとどうなる?

借金が返せないとき知っておくべきこと!

自己破産

自己破産すると保証人はどうなる?迷惑かけたくない相手への対応は?

投稿日:

自己破産すると保証人に迷惑がかかってしまうからと、見切りの決断できないまま借金が膨らみ悪化してしまうケースも珍しくありません。

自己破産する際には、保証人はどうなるのか、どんな迷惑がかかるのか把握して誠意をもって対処することは欠かせません。

実際、うちの場合も保証人への影響が心配で、自己破産するかどうか迷いました。でも、あのとき決断していなければ、もっと大きな迷惑をかけていたことでしょう。

今回は、自己破産したとき保証人はどうなるのか、少しでも迷惑を軽減できないかなどについて、実体験も交えながらお話しします。

自己破産すると保証人はどうなる?

保証人には、単なる保証人と連帯保証人がありますが、借金の保証人は連帯保証人がほとんどです。

連帯保証人は、債務者と同等の支払い義務があるので、借金しているのと同じことと考えてもよいくらいなんです。

債権者(貸主)は、主債務者(借主)が支払える状態でも、連帯保証人に請求することも可能ってことなんです。普通、そんなことはしないですけどね。

なので、主債務者が自己破産すると、債権者は連帯保証人に支払い請求をしてきます。たいていの場合、一括支払いで請求してきます。

主債務者が自己破産しても、保証人は自己破産したことにはならないので、債権者は支払ってくれる人に請求するのは当然ですよね。

保証人になることを承諾して契約書に記名押印しているはずですから、請求されたら逃れることはできません。

債権者によっては、主債務者が支払っていた分割支払いをそのまま継承する形で、分割支払いの請求をしてくることがありますが、通常は一括支払いですね。

一括支払いが困難であれば、分割支払いの交渉をしてみると良いです。ただ、債権者が分割支払いに応じるかどうかは相手次第です。

いずれにせよ、保証人には大きな迷惑をかけてしまうので、自己破産の申立をする前に、報告することは欠かせません。事情を話し、誠意をもって謝罪することです。

保証人への支払い請求はいつ来る?

債権者が保証人へ支払い請求する時期は、弁護士から債権者に通知が届いて知るとすぐの場合もありますし、数ヶ月後の場合もあります。

あくまで、うちの場合はということになりますが、保証人への支払い請求時期について、実際にうちが体験した事例でお話ししますね。

すぐに保証人に請求するケース

義兄に連帯保証人になってもらっていた、会社の借金と夫個人の割賦払いは、自己破産申立をした後、すぐに連帯保証人に支払い請求が来ました。

会社の借金は、自己破産するまでに滞納することなく支払っていたからでしょうか。一括請求ではなく、会社が支払っていたのと同じに月々の支払い請求できたとのことでした。

夫個人の割賦払いは、自宅に設置したソーラシステムだったのですが、こちらも月々の支払いで義兄に請求がきました。

会社の借金も夫個人の割賦払いも、連帯保証人以外に不動産などの担保は付いていませんでした。

義兄は、2回ほど月々支払いしたそうですが、利息がもったいないからと債権者に連絡して、両方とも一括支払いしたのですけどね。

すぐには保証人に請求しないケース

銀行から借りていた会社の借金の一部と、夫個人の住宅ローンには、私と父が連帯保証人になっていたのですが、自己破産申立後、半年を過ぎた頃でした。

借金の支払いのために借金する状態でしたが、自己破産するまで滞納はありませんでした。

私個人は、会社と同時に自己破産の申立をしていたので、管財人が支払い処理したため、個人的に支払い請求はなかったのですけどね。

父への請求は一括支払いでした。

銀行からの借金には、家土地の不動産が担保に入っていたので、競売後の未回収額が確定してからだったのです。

すぐに支払い請求してこない場合、支払うまでにかかってくる利息もキッチリ請求されます。

一括支払いできない場合に分割支払いの交渉が成立するかどうかは、未体験なので分かりません。交渉に応じるかどうかは相手次第ではないかと思います。

保証人の求償権はどうなる?

保証人が主債務者に変わって支払いをした場合、保証人に債権が移動し債権者になるので、主債務者に支払い請求する権利が発生することを求償権といいます。

ですが、主債務者が自己破産した場合には、保証人は求償権を行使することはできなくなります。

前述の義兄の場合で説明すると、借金を一括支払いした時点で、銀行などの元の債権者は、完済されたので債権者ではなくなり、義兄が債権者になります。

そして、義兄の債権も自己破産で清算される負債になるので、請求することはできず、自己破産手続きで清算処理されるのです。

そもそも、支払い不能状態になったので自己破産したのですから、請求されても支払えないですしね。

主債務者が自己破産したら、保証人は借金を被ってしまうだけになるってことなんです。

管財事件の場合に、主債務者の財産処分で一部分配されることもあるでしょうが、1円も返ってこないことがほとんどなんです。

免責許可された後に保証人に返済してもいい?

保証人や連帯保証人になってもらってる相手は、親族が多いですよね。今後の付き合いもあるので、迷惑かけたくないのが心情です。

だからといって、自己破産手続中に保証人が支払った分を返済してしまうと、一部の債権者だけを優遇したとして、免責不許可事由に該当してしまいます。

そうなると、借金の支払いは免除されないことになるので、返せと迫られても支払ってはダメなんです。

では、免責許可がおりてからだと返済しても良いかというと、本来はこれもNGのようです。

はっきりと確認したわけではないですが、「義兄さんに返すなら、免責後こっそりにしてください。」と、弁護士に言われました。

自己破産で支払い免除された借金は、自然債務という形で残るとのことで、貸主から返せということはできないけれど、借主から返すという場合は受け取って良いようですね。

保証人との間に借用書があるわけではないですし、一度に多額の返済をすると贈与税の対象になるかもしれないので、贈与税にかからない範囲で少しずつ返すのが良いかと思います。

義兄は返さなくて良いと言ってくれたのですが、迷惑かけっぱなしにはできないので、免責許可決定後、毎月数万円ずつ返しています。

保証人も支払い不能なら自己破産?

主債務者の自己破産で保証人が支払い請求されたとき、保証人も支払い不能であれば、自己破産することになります。

支払額の調整をすることで返済できるなら、任意整理や個人再生で対応できます。

主債務者が自己破産しても、保証人には関係ないので、債務整理が必要なら保証人自身で行う必要があります。

ですが、債務整理をすると新たな借金ができなくなる、クレジットカードも使えなくなるなどのデメリットがあります。

また、債務整理の費用は高額なので、よく考えてからした方が良いですね。

前述した義兄の例のように、主債務者の支払い方法を継承するケースもありますし、主債務者の財産を処分して債権者に配分することで残債務が減って支払えることもあります。

私の場合ですが、会社の連帯保証人になっていたので、数千万円の一括支払いが来るだろうということで、会社と同時に自己破産しました。

ですが、最終的に清算してみると自己破産しなくても支払えたんですよ。破産管財人の管理になった私の財産が、余ったからと払い戻されたんです。

でも、破産手続で支払えたからと言って自己破産したという事実は消えていません。免責許可もおりました。

自己破産と保証人についてまとめ

自己破産すると保証人への迷惑は避けることができません。

保証人に迷惑かけられないからと、自己破産の決断ができないことも多いのではないでしょうか。

しかし、見切り時を先延ばしにすることで、借金が膨らみかける迷惑が大きくなってしまうこともあります。

場合によっては、保証人も自己破産することになるかもしれません。主債務者の自己破産手続は、保証人には関係ないので、個別で手続きする必要があります。

いずれにせよ、保証人が付いている借金を抱えて自己破産すると、保証人に支払い請求が行くので、自己破産することを事前に打ち明けて、理解を得ておく必要があります。

-自己破産

Copyright© 自己破産するとどうなる? , 2019 All Rights Reserved.