自己破産するとどうなる?

借金が返せないとき知っておくべきこと!

自己破産

自己破産しても携帯電話が継続利用できるのはどんな場合?

投稿日:

自己破産したら利用中の携帯電話が使えなくなるのでは?と、心配になる人も多いですよね。

今や、仕事や生活に携帯電話は必需品になっています。携帯電話が使えなくなったり、番号が変わったりすると不都合なこともありますもの。

結論からいうと、スマホも含めて携帯電話は生活必需品と認められているので、そのまま使い続けることができます。

ただ、どんな場合でも継続利用できるわけではありません。自己破産したときの携帯電話の扱いについて分かりやすくまとめています。ご参考ください。

自己破産しても携帯が問題なく使えるケース

自己破産しても携帯電話が問題なく使えるのは、以下のような場合です。

  1. 回線利用料金を滞納していない
  2. 端末代金を払い終わっている
  3. 端末分割払い&利用料金を今後も支払える

回線利用料金を滞納していないことは絶対条件ですね。

1.利用料金を滞納していない

回線利用料金を滞納していなければ、回線契約を強制解約されることはないので、電話番号もそのままで利用することができます。

回線利用料は後払いになるので、自己破産する月の当月分は未払いですが、支払日が到来していなければ滞納にはなりません。

aya
そして、当月分の未払いは、破産債務に入れずに支払うことも認められています。私が自己破産したときもそうしました。

2.端末代金を払い終わっている

最近の携帯端末は高額ですから、分割購入している方が殆どではないでしょうか。

回線利用料と合算で支払っているので、借金している感覚がないですが、クレジット購入しているのと同じで、携帯端末の分割支払いは割賦販売になります。

その支払いが終わっていれば、借金が無くなっているということなので、自己破産の債権者一覧に入れる必要はないですね。

もちろん、一括支払いで購入していれば、借金はありません。

携帯端末は自己破産で差し押さえられる財産ではないので、没収されることもありません。

端末代金を支払い終わっていて、利用料金の滞納もなければ、何の問題もなく継続利用できます。

3.端末分割払い&利用料金を今後も支払える

端末の分割支払いは借金なので、支払いが残っている場合は借金ですよね。

キャリア契約の場合、端末の分割支払いは回線利用料と合算で支払うシステムになっているので、どちらか一方だけ滞納しているってことはないですよね。

しかし、自己破産すると全ての借金の支払いをしてはいけないので、通常なら携帯利用料金の支払いもストップすることになります。

そして、支払いを止めると信販系の信用情報機関に滞納の記録が残ってしまいます。

一般的には、そんな流れになってしまうのですが、携帯電話の場合は分割支払い中でも、今後も支払えるのであれば、支払っても良いと認められることが殆どです。

今や、スマホも含めて携帯電話は生活必需品として、裁判所が認めてくれるようになったからです。

aya
端末を分割支払い中でも支払いを継続できるなら、自己破産しても使用中の携帯を継続利用できるのです。

裁判所によって扱いが違う場合があるので、不安なら弁護士さんに確認してみると良いです。

また、今後の支払い方法についても注意点があります。

クレジットカード払いの注意点

クレジットカード払いにしている場合は、自己破産することでカードが強制解約になることがありますから、携帯会社に交渉する必要があるかもしれません。

未払いがないクレジットカードなら、破産債権に入れなくても良いので、しばらくは利用できますが、更新のタイミングなどで自己破産が知れると強制解約になることもあります。

端末代金はクレジットカード会社から一括で支払われているので、携帯会社には未払いは発生していません。

ですが、端末分割支払いと回線利用料が合算支払いになっているので、分離して回線利用料の支払いできるように交渉が必要ですね。

合算支払いのままだと、クレジットカードが使えなくなったら、回線利用料も滞納することになり、3ヶ月滞納すると携帯は強制解約になるでしょう。

自己破産する時期を遅らせて、端末分割支払い分を完済してから、回線利用料金をクレジット以外の支払い方法に変更してから自己破産手続するという手もあります。

口座引き落としの場合の注意点

消費者金融からの借金で自己破産するなら、預金口座が凍結されることはないので、月々の引き落としができるなら問題ありません。

自己破産する借金が銀行の場合は、自分名義の預金は全て凍結されるので、その口座からの携帯料金の引き落としもできなくなります。

なので、自己破産手続前に、自己破産に関係ない銀行で預金口座を開設して、引き落とし口座の変更をしておきましょう。

携帯料金を滞納している場合はどうする?

そもそも、携帯料金を3ヶ月以上滞納している場合は、強制解約されているので、回線契約を復活させることはできません。

支払日から20日ほど遅延すると回線が利用停止になってしまうので、携帯電話の利用もできなくなっているはずです。

残高不足で引き落としできていないことに気付かず、携帯が使えなくなって慌ててショップに支払いに行った経験がある方も多いでしょう。

長期滞納すると、利用中のキャリアはもちろん、他社のキャリアでも回線契約ができなくなってしまいます。

aya
携帯の未払い情報は、携帯キャリア同士で共有しているからです。
 

そんな場合でも、料金前払いのプリペイド携帯なら契約できる可能性が高いので、他社キャリアにMNP転入すれば、携帯番号を引き継ぐことができます。

自己破産後は、節約生活を強いられることが多いですから、使い過ぎをセーブするにはプリペイド携帯が良いかもしれないですね。

MNP転入で他社プリペイド携帯にするなら、自己破産前&強制解約になってしまう前に、手続きしておく方が良いです。滞納分は支払い請求されるでしょう。

端末分割支払いが残っている場合は、MPNで他社に乗り換えても端末分の支払いがありますが、自己破産の破産債務に入れることで免責されることになります。

携帯電話を継続利用しないなら破産債務に入れる

自己破産後は、今までの携帯番号は使わないのなら、携帯会社を債権者一覧に入れて、免責してもらえば、未払い料金の支払いがなくなります。

自己破産で免責されると、携帯会社同士で共有している情報から未払い情報が削除されるので、自己破産の対象になっていない携帯キャリア会社には知られないでしょう。

ただ、未払いの端末代金が免責された場合は、信用情報機関(CIC)に事故記録が登録されるので、新規契約で端末の分割支払いができない可能性が高いです。

キャリアによっては、10万円以下なら、信用情報機関への照会を行わない場合もあるので、自己破産しても分割支払いができることもあるようです。

自己破産前に携帯払いでショッピングしないこと

自己破産の申立時に、キャリア決済などの携帯払いでのショッピング代金が未払いのままだと、破産債務に入れなければならなくなります。

破産債務に入れると、自己破産手続開始決定後は支払いをしてはいけないので、結果的に滞納することになり、携帯も強制解約になるでしょう。

利用中の携帯番号を使い続けたいなら、携帯払いは控えた方が良いですね。

もし、携帯払いのショッピング代金の未払いがある場合は、弁護士に相談してみましょう。

自己破産後の継続利用と機種変時の分割支払いが可能でした!

aya
最後に、私の場合はどうだったかお話ししますね。

私は、ガラケー時代からドコモを利用しており、自己破産したときは、FOMAを使っていました。端末の分割支払いは残っていたと記憶しています。

利用料金は口座引き落としで、遅延や滞納はしたことがありませんでした。

ただ、引き落とし口座の銀行が債権者だったため、自己破産で口座凍結されることが確実だったので、事前に対象外の銀行で口座を開設して変更しました。

携帯会社は債権者に含めず、利用料金の支払いを継続することで、利用していた携帯をずっと使っています。

免責後2年ほど経った頃、スマホ(Android)に機種変更したのですが、端末代金は分割支払いできています。

おそらくですが、自己破産が記録された信用情報機関が銀行系のKSCだけだったので、照会されなかったのだろうと思います。

現在、免責されてから9年ですが、その間にスマホの機種変をしており4台目です。

4年ほど前に機種変更したとき、Dカードを勧められ、現在はクレジットカード払いです。

ドコモショップの店員さんの説明を、Dカードじゃないといけないように解釈してしまったので、審査に通るのかドキドキしながら申込みした覚えがあります。

利用している店舗などで、成り行きでクレジットカードを作ることが多いのですが、審査通るのかしら?と、毎回ドキドキしますね。

自己破産したときの携帯電話についてまとめ

自己破産しても滞納がなく、分割支払いが今後もできるなら、利用中の携帯電話を継続利用できます。

なぜかというと、裁判所が携帯電話は生活必需品として認めているので、端末代金の分割分が含まれていても、破産債務に入れずに支払いを継続しても良いからです。

3ヶ月滞納すると、携帯会社に強制解約されるので、そうなると復活できなくなりますから、携帯番号を変えずに使い続けたいなら、滞納しないことです。

逆に、自己破産前に契約していた携帯電話を使用しないのであれば、破産債務に入れて免責されれば、未払い料金の支払いがなくなります。

-自己破産
-,

Copyright© 自己破産するとどうなる? , 2019 All Rights Reserved.