自己破産するとどうなる?

借金が返せないとき知っておくべきこと!

自己破産 債務整理の体験談

自己破産前に携帯を名義変更して使い続けることができた体験談

投稿日:

自己破産しても利用中の携帯電話をそのまま使い続けたい方は多いですよね。

仕事上、電話番号やメールアドレスが変わると不都合な場合もあると思います。実際、夫の場合もそうでした。

条件によるところもあると思いますが、夫は名義変更することで使い続けています。

自己破産手続に影響もなくスムーズにできたのはなぜか、どんなケースだったのかお話しますね。

自己破産前に法人名義の携帯電話を個人に名義変更した

携帯電話が法人名義の場合、会社が破産手続をすると会社自体が消滅するので、存在しない会社名義の携帯電話は使えなくなります。

夫の携帯電話は法人名義だったので、そのままでは使えなくなるので、個人名義に変更したのです。

夫は破産する法人会社の代表者だったので、夫個人も会社と同時に自己破産手続きをしましたが、法人名義の携帯を個人に名義変更して使い続けています。

自己破産の直前に資産の名義変更を行うと、免責不許可事由になるのではといった問題もあるのですが、携帯電話の名義変更程度なら該当しないようです。

携帯電話は生活必需品として認められているということもあるのでしょう。

一応、代理人弁護士に確認してから名義変更しました。うちの場合、弁護士に相談してから自己破産申立までに1ヶ月ほどでしたから、ほんとに直前の名義変更でした。

自己破産前に名義変更したときの状態は?

夫は、自己破産前に法人名義の携帯電話を個人名義に変更して継続利用できたのですが、どんな場合でもできるかどうかは不明です。

夫の場合どんな状況だったのか、参考情報にしてください。

  • 料金の滞納はなかった
  • 携帯料金は口座引き落としだった

料金の滞納はなかった

端末代金は分割支払い中でしたが、回線利用料も含めて滞納はありませんでした。

そもそも、3ヶ月滞納していると強制解約になり使えなくなってしまうので、名義変更する以前の問題ですよね。

利用中の携帯をそのまま使い続けたいなら滞納しないことですね。

携帯料金は口座引き落としだった

携帯を名義変更すると、端末代金の分割分も含めて新しい名義人が料金の支払いをすることになります。

夫の場合、法人名義の携帯料金は口座引き落としだったので、名義変更の際に引き落とし口座を夫名義の預金口座に変更するだけでした。

ですが、料金の支払いをクレジットカードにしていると、手続きが面倒かもしれません。

クレジット会社も自己破産の対象になる債権者なので、自己破産手続が開始されると支払いがストップします。

クレジット払いだと携帯電話会社に対しては端末代金は完済しているので、未払いではないはずです。

ですが、携帯電話の料金は、端末分割支払いと回線利用料が合算されているので、回線利用料を分離してもらわないと名義変更しても支払えないですよね。

分離することが可能かどうかは、携帯電話会社との相談になります。

携帯の名義変更は自己破産前にすること

法人名義の携帯電話を個人名義に変更するなら、自己破産の申立をする前に手続きしておくことです。夫の場合は、申立日の2週間くらい前に名義変更しました。

また、携帯料金が滞納にならないうちに名義変更しておく方が良いです。

携帯の名義変更の手続きには、譲る者(法人)と譲り受ける者(個人)の両方の本人確認書が必要になります。法人の本人確認書は登記簿謄本です。

法人の実印と印鑑証明も必要になると思いますが、キャリアによって違ってくるので事前に問い合わせて必要なものを準備していくと二度手間にならないです。

あと、法人の代表者がショップに手続きに行った方が、スムーズに手続きできますよ。

個人名義の携帯も名義変更した方が良いのか?

個人名義の携帯は端末代金を分割支払い中でも、今後も遅延なく継続的に支払いできるなら、自己破産の対象にせず利用できるので、名義変更する必要はないでしょう。

裁判所によって取り扱いが違う場合があるので、確認は必要ですが、携帯電話は生活必需品として認められているので、分割支払い中でも破産債権に入れなくて良いようです。

自己破産時に滞納はないものの、その後の継続支払いが困難な場合は、家族名義に変更して使い続けることも検討してみると良いです。

ただし、家族に利用料を支払ってもらうことになるので、そこまでして必要かどうか見直す必要があるかもしれません。

自己破産しても携帯電話が継続利用できるのはどんな場合?

自己破産したら利用中の携帯電話が使えなくなるのでは?と、心配になる人も多いですよね。 今や、仕事や生活に携帯電話は必需品になっています。携帯電話が使えなくなったり、番号が変わったりすると不都合なこともありますもの。 結論からいうと、スマホも含めて携帯電話は生活必需品と認められているので、そのまま使い続けることができます。 ただ、どんな場合でも継続利用できるわけではありません。自己破産したときの携帯...

続きを読む

続きを見る

自己破産と携帯の名義変更についてまとめ

今や、携帯電話は仕事でも日常生活でも必需品ですよね。

自己破産しても電話番号やメールアドレスを変更することなく使い続けてたい人は多いのではないでしょうか。

裁判所でも携帯電話は生活必需品として認めているので、滞納さえしていなければ継続して利用できるはずです。

しかし、携帯電話が法人名義の場合、その法人会社が破産すると会社が消滅するので使えなくなります。

そんな場合は、自己破産前に携帯電話を法人名義から個人に名義変更することで、使い続けることができます。

実際に、夫は自分が代表者の法人会社の破産手続をする前に、携帯名義を個人名義に変更して使い続けています。

ただし、裁判所によって取り扱いが異なる場合があるので、弁護士に確認した方が良いです。

-自己破産, 債務整理の体験談

Copyright© 自己破産するとどうなる? , 2019 All Rights Reserved.