自己破産するとどうなる?

借金が返せないとき知っておくべきこと!

債務整理の方法

任意整理のデメリットは?費用や手続きの流れは自己破産とどう違う?

投稿日:


借金の返済が困難になってきたら、自己破産しかないと思っていたりしません?

でも、自己破産以外にも債務整理の手段があります。

その中でも、比較的に手続きが簡単でリスクが少く、借金の返済に困ったとき、一番利用されている方法が任意整理です。

任意整理とは、裁判所を介さずに債権者と直接交渉する債務整理の方法です。

自己破産しようとする人でも、状況によっては任意整理できる場合があります。

そこで今回は、任意整理がどんな人に向いているのか、自己破産と比較してデメリットや手続きはどうなのかなどについてまとめています。

任意整理はどんな人に向いている?

任意整理がどんな人に向いているかというと、できるだけリスクを抑えて借金を整理したい人です。

  • 家や車を手放したくない
  • 保証人に迷惑をかけたくない
  • 誰にも知られず借金整理したい

そんな人に向いています。

借金に保証人が付いていなければ、任意整理したことが人に知られる可能性がほとんどありません。

ただし、借金の返済は残るので、和解後の支払が遅延なくできるだけの安定収入が必要です。

aya
任意整理後、月々の返済額がどれくらいになるかの目安は、借金の元本を3年分割支払いしたとして試算してみると良いです。
 

将来の利息、未払い利息、遅延損害金のカットと、3年の分割支払いで債権者と交渉できれば、借金の元本を3年分割支払いになるからです。

相手先によっては、将来の利息カットのみになるかもしれません。

最長5年までの分割支払いで交渉できますが、利息が取れない借金を5年もの分割には応じてもらいにくいので、3年分割での試算を目安にすると良いです。

ひとり一人事情が違うので、実際にどれくらいになるかは、弁護士や司法書士に相談してみると、より詳しく分かります。

任意整理は自己破産よりデメリットが少ない!

債務整理をすれば、自己破産であれ任意整理であれ、数年間はブラックリストになり、新たな借金ができなくなります。これは共通デメリットです。

ブラックリストになるのが嫌で、債務整理を拒む人もいますが、滞納すればブラックリストになるので、どの道同じことですよね。

任意整理では、利息カットや長期分割支払いで、月々の返済額を調整してもらるので、支払が楽になります。

未払い利息や遅延損害金のカットも交渉に成功することも多いです。でも、これは債権者にとっては不利益なことですよね。

債権者に損をさせるのですから、こちらも全くリスクがないわけではありません。

任意整理のデメリット

では、任意整理のデメリットにはどんなことがあるか確認しておきましょう。

  • ブラックリストになる
  • 最低5年間は借金ができない
  • 借金の返済が残る
  • 和解できないこともある
  • 担保があれば担保権を実行される
  • 保証人に迷惑がかかることもある
  • 個人間の借金は難しい

任意整理でも、担保や保証人が付いていたらリスクが大きくなるのですが、任意整理は整理する借金を選べるので、整理対象から外せば問題ありません。

自己破産ですと、全ての借金が対象になるので避けることができないのですが、任意整理なら回避することができるのです。

たとえば、住宅ローンや車のローンなど、整理すると家や車を失いますけど、任意整理なら整理対象から外して支払い続けることで守れます。

aya
任意整理は、裁判所を通さずに債権者と直接交渉するので、柔軟な対応ができるのです。
 

裁判所を介した自己破産のような強制力はないので、債権者が交渉に応じないこともありますが、たいていの業者は応じてくれます。

任意整理の交渉に応じなければ、債務者は自己破産してしまうかもしれないですよね。

自己破産されたら、元本さえもほとんど回収できないので、任意整理で元本だけでも回収した方が得策と、交渉に応じてくれるのです。

自己破産にはない任意整理のメリット

任意整理には、利息カットや長期分割払いで借金の支払いが楽になるというメリットがあります。

そして、さらに、自己破産にはないメリットがあります。

  • 裁判所を通さずにできる
  • 整理する借金を選べる
  • 借金の原因を問われない
  • 職業制限がない

裁判所を通さないので、自己破産より手続が簡単です。

また、整理する借金を選べますから、担保や保証人が付いた借金を外すことができるので、財産を失ったり保証人に迷惑をかけるのを避けられます。

ギャンブルや遊興費などの浪費が原因の借金は、自己破産できないですが、任意整理は原因が何であってもできます。

自己破産の手続き中は就けない職業がありますが、任意整理には制限がありません。

自己破産できない人でも、任意整理ならできるケースがあるってことです。

ただし、借金はゼロにならないので、和解後に支払い続けられる、継続的な安定収入がないとできません。

任意整理の流れ

任意整理は、弁護士や司法書士に依頼して行うことが殆どです。

法の知識がない素人が個人で交渉するのは難しいですし、相手にされなかったり、不利な条件で和解することになったりするからです。

では、弁護士に依頼した場合の任意整理の流れがどのように進むのか、見てみましょう。

  1. 弁護士等に相談する
  2. 正式に依頼して受任される
  3. 受任通知送付で取り立てがストップする
  4. 債権調査と利息の引き直し計算
  5. 債務額が確定したら和解交渉する
  6. 和解が成立すれば和解契約をする
  7. 和解後の支払いがスタートする

任意整理に限らず、債務整理を弁護士等に依頼して、借入先に受任通知が送付されると、取り立てがストップし返済もストップします。

「過払い金があるかも」などと、TVCMでもよく耳にしますよね。

2010年以前の借金で高利な利息を支払っていた場合、払いすぎた利息が発生している可能性があるので、利息の引き直し計算をします。

aya
過払い金があれば、借金の返済に充てることで元本が減りますよ。

毎月の収入で返済できる額に調整して債務額が確定したら、弁護士が債権者と和解交渉を進めます。

和解が成立し、和解契約ができれば、支払がスタートし、3年~5年かけて完済することで終了です。

完済するまでは終わりではないので、毎月、遅延なく支払うことが重要です。

任意整理の費用はどれくらい?

任意整理を弁護士や司法書士に依頼すると、費用がかかります。いったいどれくらいかかるのか知っておきたいですね。

ですが、任意整理の費用は弁護士や司法書士が自由に決められるので、相場があるようでないのが現実です。

およその目安になりますが、債権者1社につき4万円~5万円くらいを目安にしておくとよいでしょう。

債権者が5社あれば、20万円~25万円くらいですね。

司法書士より弁護士の方が高いと言われることもありますけど、一概にはいえなくて、法律事務所の料金設定によります。

自己破産の弁護士費用は、30万円~50万円くらいで、それ以上の事務所もあります。さらに、裁判所への予納金も必要なので、費用的にも任意整理の方が負担が少ないです。

借金の返済ができない状態なのに、そんな大金用意できないと思いますよね。

でも、弁護士に依頼した時点で、返済がストップするとお金に余裕ができますから、そこから積立てたり、分割払いにしてもらうことで支払えます。

任意整理の依頼者には、お金がないことを承知しているので、支払えるようなプランを用意している事務所が多いです。

任意整理まとめ

任意整理は裁判所を介さずに、債権者と直接交渉する債務整理の方法です。

債務整理の中では、手続きが一番簡単で、借金の原因を問われることもなく、整理したい借金を選べるなど、自己破産に比べて制限がありません。

財産を失うことを回避できたり、保証人に迷惑をかけないようにすることもできます。

  • 家や車を手放さずに債務整理したい
  • 保証人に迷惑をかけたくない
  • 家族に知られず債務整理したい

任意整理は、そんな人に向いています。

ただし、借金が無くなるわけではないので、和解に成功し和解契約をしたら、借金の返済がスタートします。

安定収入が継続的にあり、任意整理で調整した返済額が払えるなら、自己破産よりリスクが少ないので、任意整理を検討すると良いですね。

-債務整理の方法
-,

Copyright© 自己破産するとどうなる? , 2019 All Rights Reserved.